TOEIC

【TOEIC】1ヶ月で100点以上スコアを伸ばした方法

TOEICスコアの画像

TOEICの単語帳をひたすら暗記してるのにスコアが伸びない!

単語の暗記って辛いですよね。私は単語帳がとにかく苦手です。

こんな私が1ヶ月でスコアを125点アップさせた方法とかかった勉強時間を

現在TOEICスコア820点のomochiがご紹介していきます!

TOEICを1ヶ月で100点以上スコアアップした勉強方法

TOEICで820点をとったのは2年前。

このTOEICスコア820点を取るまでは何度受けても600点台でした。

600点台の時にやっていた勉強方法は、単語帳を10ページくらいしては挫折し、

長文読解のテキストを少しやっては挫折しを繰り返していました。

当時仕事を退職することになり、少し精神的に疲れていたので休憩するために次の転職までに少し間を空けたので、その間にTOEICの点数をあげて次の転職に活かそうと考えました。

勉強期間は1ヶ月と決めました。

いろいろ勉強方法を調べた結果私が選んだ方法はこちら。

① 時間配分をしっかり身につける

② テキストや単語帳は使わずに公式問題集で勉強する

③ リーディングの勉強を重点的に行う

それぞれ詳しくお話します。

① 時間配分をしっかり身につける

私はそれまでTOEICを最後まで解けたことがありませんでした。

後半はいつもぬり絵状態😅

あきらかに時間配分がしっかりできてませんでしたが、単語帳や長文読解ができるようになれば、自然に問題を解くのが早くなって、時間配分は解決するものだと思っていました。

しかしその方法ではいつまで経っても問題を早く解けるようにはなりませんでした。

そこで!

この1ヶ月間はちゃんと時間を測ってTOEICの公式問題を解いて、間違った単語や文法を復習する、を繰り返すことにしました。

時間配分で参考にさせていただいたサイトはこちら。

試験前に必ず知っておくべきTOEIC時間配分のコツ

私はリスニングで結構疲れてしまい、リーディングの後半に長文をする力がいつも残っていないため、リーディングパートでは長文読解からすることに決めました。

順番は

1、Part7 55分間 (トリプルパッセージ20分 → ダブルパッセージ10分 → シングルパッセージ25分 の順) 

2、Part6 10分間

3、Part5 10分間

上記は目安なので、最終的にPart5をかなり急いで解くことになってしまうこともあります、、、

がそれぞれ時間配分をしっかり意識しながら解く練習をするだけでかなり解きやすくなりました。

それぞれのPartで時間を決めてるので、分からないところをサクサク飛ばすことができるようになり、スコアアップに繋がったと思います。

この時間配分をするまでは、分からないところをずっと考えてしまっていたので、時間がみるみるなくなっていました。

たまに時間をかけて考えれば思い出したり、分かったりするのでやってしまうんですよね😅

結局時間がなくなってしまって解けたかもしれない問題を読むことすらできなくなるので、分からないところはサクサク飛ばすべきです。

時間配分はかなり重要であることがこの1ヶ月間で実感しました。

② テキストや単語帳は使わずに公式問題集で勉強する

600点台の時はいろんなテキストを買って試してみましたが、いまいち身になっているきがせず、実際にTOEICの点数も思ったようにあがりませんでした。

そこで、問題集をひたすら解けば問題の傾向もわかるようになるし、間違った箇所だけ重点的に勉強できるので効率的なのではないかと考えました。

これは実際に大正解だったと思います。

公式問題集で本番と同じように時間を測って問題を解き、間違った箇所を復習することで、こんなメリットがありました。

・時間配分に慣れる。

・長いテスト時間に慣れる。

・間違った箇所のみ勉強をするので、無駄がない。

・問題の傾向がなんとなく分かる。

TOEICまでの時間がない方は特に、単語帳やテキストでじっくり勉強するのではなく公式問題集を解くことをお勧めします!(結構高いですけどねー、、、。)

問題形式が変わったり、傾向が変わったりするので最新の公式問題集から購入していくことをお勧めします。

私は最新から3冊購入して気合いをいれました。(たぶん1冊くらいは消化できずに終わった気がします。)

③ リーディングの勉強を重点的に行う

私はリスニングの点数はいつも悪くはなかったので、リスニングの勉強は諦めて、リーディングの点数を上げるための勉強に重きをおきました。

基本的にはこの1ヶ月間では公式問題集のみで勉強をしたので、リスニングで間違った箇所の復習はしましたが、何度も聞いたりシャドーイングしたりなどはしませんでした。

リーディングのパートは間違う箇所もたくさんあるので、必然的にリーディングの勉強時間は多くなりました。

分からなかった単語はノートに書き出しました(汚くてもいいので時間をかけずに必要な分だけ)。

しっかり覚えていない文法はネットや持っていたテキストで調べてこれもノートに書き出しました。(これもなるべく時間をかけずに。それでも結構時間かかります。)

最近はネットに情報が多くあるので、英語で分からないところもほとんでネットで勉強できました。

TOEICを100点以上スコアアップするためにかかった時間

この1ヶ月間は仕事もないので、本気でTOEICに取り組もうと決めていましたので、

毎日8時間くらいやってました。

なので8時間 x 20日くらい = 160時間くらいを勉強時間にあてました。

(週末もたまに勉強することがあったので、160時間以上勉強してるはず。)

お仕事や学校がある方は、例えば土曜日のみ8時間くらい勉強するとなると、5ヶ月分くらいです。

そのくらいの時間を公式問題を本番の時間で時間配分を意識しながら解いて、間違った箇所を復習すればスコアアップできると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今日はTOEICで820点とった時の勉強方法についてご紹介しました。

私がやったことは、

・時間配分をしっかり身につける

・テキストや単語帳は使わずに公式問題集で勉強する

・リーディングの勉強を重点的に行う

・160時間以上の勉強

です。

スコアが伸び悩んでいる方の参考になったら嬉しいです♪

あわせて読みたい