【お金の勉強】初心者が「つみたてNISA」を始めるには楽天証券が良さそう

2021年10月21日- 投資,④ お金の勉強NISA,楽天

「つみたてNISA」で「全世界株式」を買おうかな。というとこまで決まったが、いったいどこで証券口座を買ったらいいの?

証券会社もたくさんあっていったいどこで買ったらいいか初心者には分からないですよね。

今回は「つみたてNISA」をどこの証券会社で買うのが良いか調べましたのでご紹介します!

いろいろ勉強することが多いですが、必ず役に立つので少しずつ進めていきます!

楽天カード決済でポイントが貯まる

つみたてNISAで楽天ポイントを貯めてお得にお買い物しよう!

投資初心者の「つみたてNISA」には「楽天証券」が良さそう

ネットとYouTubeで調べてみましたが、YouTubeの方がわかりやすいのでほとんどがYouTubeからの情報です。

最近「つみたてNISA」の勉強でよく見ているチャンネルの「つみたてシータ」さんも解説されてましたが、初心者には「楽天証券」が良さそうです。

お話を聞いていると、「楽天証券」だと「楽天カード払い」でポイントがついたり、保有してるだけでもポイントがついたりするのでお得そうです。

特に気持ちの面で、楽しんで運用していけそうなので「楽天証券」で口座を作ろうと思っています。

私は、途中で売ったりせず長期運用していきたいので、長期間続けていくために楽しそうな方を選ぼうと思います。

今は早く口座開設をしたくてウズウズしてますw

今回参考にさせていただいた動画です。

「つみたてシータ」さんの「積立NISAの証券会社でおすすめ口座を紹介」

ほんとに分かりやすくて、助かります!!!

つみたてNISAを始めるには「総合口座」と「つみたてNISA口座」をどちらも申し込む必要がある

ほんとに私は初心者なので、口座の種類も全く分かっておりませんでした、、、

今回学んだことは、「つみたてNISA口座」を開設するには、「総合口座」を作る必要があるということ。

「総合口座」の中に、非課税枠の「つみたてNISA口座」がある。

そしてその「総合口座」は「一般口座」か「特定口座(源泉徴収なし)」か「特定口座(源泉徴収あり)」を選ぶ必要がある。

「一般口座」だと自分で納税額を計算してから確定申告をする必要があり、

「特定口座(源泉徴収なし)」だと、証券会社が納税額を計算してくれるが、確定申告は自分でする。

特定口座(源泉徴収あり)」だと、計算も納税も証券会社がやってくれる。

初心者には特定口座(源泉徴収あり)」がおすすめされることが多いようです。

でも特定口座(源泉徴収あり)」だと通常だと払わなくてもいい税金を払わなければいけないことがあるようです。

源泉徴収ありの特定口座 デメリット

年間20万円以下の利益でも*税金が引かれてしまう
*給与所得者や年金所得者は原則、年20万円以下の利益は申告・納税不要

いろはに投資:特定口座とは?一般口座との違い、源泉徴収あり・なしのメリット・デメリットを解説

年間20万円以上も利益は出ないと思うので、特定口座(源泉徴収なし)」の方がいいんじゃないかなー?

このあたりはもう少し調べる必要がありそうです。

→ 2021.8.5 そもそも「つみたてNISA」は税金を納める必要がない(確定申告をする必要がない)ので、今の私には「源泉徴収なし」にしようが、「源泉徴収あり」にしようが関係ないようです。
あとで変更もできるようなので、いったん「源泉徴収あり」で申し込みました。

口座開設についてはこちらの動画を参考にさせていただきました!

「【投資家】ぽんちよ」さんの「【完全ガイド】楽天証券・口座開設のやり方&積立NISAの始め方」

こちらもとても分かりやすかったですし、楽天証券を好きなのがすごく伝わってきます!

まとめ

投資初心者の「つみたてNISA」なら「楽天証券」が良さそう。

「つみたてNISA」を始めるには、「総合口座」と「つみたてNISA口座」を作る必要がある。

「総合口座」には、自分で確定申告が必要な「一般口座」と、

証券会社が納税額を計算してくれるが、確定申告は自分でする「特定口座(源泉徴収なし)」と、

計算も納税も証券会社がやってくれる「特定口座(源泉徴収あり)」がある。

ですが、そもそも「つみたてNISA」は税金を納める必要がない。

次はもっと楽天証券について調べていきたいと思います!

楽天カード決済でポイントが貯まる

つみたてNISAで楽天ポイントを貯めてお得にお買い物しよう!