【お金の勉強】投資初心者が積み立てNISAを勉強しはじめました。

2021年10月21日- 投資,④ お金の勉強NISA

積み立てNISAってよく聞くけどいったい何なの?

つみたてNISA(ニーサ)、聞いたことはあるけどよく分かっていませんでした。

老後の年金のことも心配になってきたので、

投資をしたことがない投資初心者ですがつみたてNISAを始めようと思っています。

今回はNISAつみたてNISAについて調べたので、内容を記していきます。

楽天カード決済でポイントが貯まる

つみたてNISAで楽天ポイントを貯めてお得にお買い物しよう!

NISAとはなに?

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税金がかかります。
NISAは、「NISA口座(非課税口座)」内で、毎年一定金額の範囲内で購入したこれらの金融商品から得られる利益が非課税になる、つまり、税金がかからなくなる制度です。

金融庁:NISAの概要

公的年金支給年齢段階的に引き上げられ、現時点では、1961(昭和36)年4月2日生まれ以降の男性と、1966(昭和41)年4月2日生まれ以降の女性は原則65歳から支給されることになっています。今後、この支給年齢が引き上げられる可能性は極めて高く、さらに、受給額も少なくなることが予想されています。

楽天証券:年金減少世代の資産形成はiDeCoとNISAで。投資初心者も今すぐ始めるべき理由

現在私は37歳

私が65歳になるころ年金は受け取れているでしょうか、、、

それとも支給年齢引き上げられているでしょうか、、、

受給額も少ないのでしょうか、、、

不安しかない、、、

しかも、私は貯金しては旅行やら物やらに使ってしまう、貯金ができない人間。(お恥ずかしい、、、)

何か買うためを目標に貯金はできるのですが、将来に向けて貯金というものができません、、、

今回NISAについて調べてみると普通に貯金するよりもがあって、率先して続けていけそうな気がしてます。

NISAの概要をざっくり言うと?

NISAの概要

・NISAとは、2014年1月にスタートした、少額からの投資を行う方のための非課税制度。
・1人1口座
毎年120万円が上限
最長5年間

金融庁:NISAの概要

んー分かったような分からないような、、、

三井住友銀行のWebサイトが分かりやすくまとめてくれていました。

◯ まとまった資金で一括投資するなら「NISA

◯ 少額で毎月コツコツ投資するなら「つみたてNISA

◯ 子どものミライに投資するなら「ジュニアNISA

三井住友銀行:NISA

「つみたてNISA」じゃない方のNISAは「一般NISA」と呼ばれることが多いようです。

一般NISA」と「つみたてNISA」だと、毎月コツコツ投資できる「つみたてNISA」の方が私には合ってそう。

投資初心者なので、一括で投資するための知識もなくて不安だし、予算もありません

つみたてNISAとはなに?

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています

金融庁:つみたてNISAの概要

なるほど。つみたてNISAの概要をざっくり言うと?

つみたてNISAの概要

・つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
・1人1口座
毎年40万円が上限
最長20年間

金融庁:つみたてNISAの概要

なるほど。

金融庁のサイトのつみたてNISA早わかりガイドブックに分かりやすく説明がされていました。

内容はこんな感じでした。

金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」より抜粋


投資信託には元本割れのリスクがあるがつみたてNISAを活用することでリスク軽減が期待できる。

定期的に積み立て投資をすることで、安いときに買わなかったり高いときにだけ買ってしまったりすることを避けられる

相場が継続して上昇し続ける場合等、一括投資の方が有利な場合がある。

積み立て投資長期間続けることで、元本割れする可能性が低くなる傾向がある

金融庁:つみたてNISA早わかりガイドブック

投資信託」とは、投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用のプロであるファンドマネージャーが株式や債券などに投資・運用しその運用の成果として生まれた利益を皆さんに還元するという金融商品です。

楽天証券:投資信託とは?

つみたてNISA全体像が掴めてきた気がします!

長期運用でリスクが少ないならやってもいいかも!早く始めたい!w

でもまだ、どうやって始めるのかどこから買うのか手数料はどのくらい払うのか分からないことだらけなので、引き続き調査を続けます!

NISAと同じくらいよく耳にするiDecoも調べた方が良さそうです。

まとめ

NISA」は、毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になる制度。

一般NISA」はまとまった資金で一括投資したい方向き。

つみたてNISA」は少額で毎月コツコツ投資したい方向き。

つみたてNISA」は長期の運用なので、元本割れする可能性が低くなる傾向がある。

投資初心者の私には「一般NISA」よりも「つみたてNISA」から始めてみるのが良さそうです♪

楽天カード決済でポイントが貯まる

つみたてNISAで楽天ポイントを貯めてお得にお買い物しよう!