比較

【英会話】カランメソッドが受けれるオンライン英会話を比較してみた

イギリスとアメリカのインテリア

オンラインでカランメソッドを受けたいけどどれを選んだらいいの?

まだ多くはありませんが、カランメソッドを取り扱っているオンライン英会話はいくつかあり、いったいどれを選んでいいか迷いますよね?

今回、カランメソッドを取り扱っている主なオンライン英会話の体験レッスンを受け、料金比較やそれぞれの特徴や感想本場のカラン認定校についてをお伝えしたいと思います!

今回比較したオンライン英会話は、
ネイティブキャンプQQEnglishイングリッシュベル新お茶の間留学です。

よかったら参考になさってください。

この記事の内容

① カランメソッドを月8回受けた場合の料金比較
② それぞれの特徴と感想

今回ご紹介しているオンライン英会話の無料体験レッスン全て受けたomochiがご紹介していきます。

カランメソッドを月8回受けた場合の料金比較

料金を比較するにあたって、イメージしやすいように

カランメソッドを、フィリピン人講師月8回受けた場合の料金で計算してみました。

また、カランメソッドはだいたい1ステージに各20レッスンくらいかかるそうなので(前半のステージの場合)、

2ヶ月に一回テキストを購入する形で計算しました。

学校名料金
ネイティブキャンプ約8,880円
QQEnglish4,933円
イングリッシュベル
(月8回はないので月10回の料金)
6,336円
新お茶の間留学7,860円

どこも安くてびっくりですが、QQEnglishの安さが際立ちますね。

計算の内訳は下記の通りです。

ネイティブキャンプ

計算結果:約8,880円

計算内容:

プレミアムプラン (基本のプラン) 6,480円

カランメソッドは予約が必須のため、1回の予約に100コイン必要。
月8回なので800コイン。約1,600円ほどで購入できます。


テキスト代は月に800円(テキスト1冊1,600円 ÷ 2ヶ月)

QQEnglish

計算結果:4,933円

計算内容:

月8回コース 4,053円

テキスト代は月に880円(テキスト1冊 1,760円 ÷ 2ヶ月)

イングリッシュベル

計算結果:6,336円

計算内容:

月10回 6,336円。(月8回にできるコースがありませんでした。)

テキスト必須とは書いてなかったので、恐らく買わなくてもよさそうです。

新お茶の間留学

計算結果:7,860円

計算内容:

月8回 7,860円

テキスト必須とは書いてなかったので、恐らくこちらも買わなくてもよさそうです。

1レッスンが18分と短めなので少しコスパは落ちます。

一番安いのはQQEnglish

一番高くなったのはネイティブキャンプでした。

ネイティブキャンプは、今回の私の条件では金額的には高くなりましたが、その他のレッスン種類や教材の充実度ネイティブキャンプは群を抜いています

今すぐレッスン」では空いている先生追加コインなし短い時間でもすぐに話せますし、ネイティブ講師は予約すればカランメソッド発音のレッスンも受けれます。

リーディングリスニングの教材も豊富で、月に1回のスピーキングテストで自分の実力を再確認することもできます。

それぞれの特徴と感想

それでは、ここからはそれぞれのオンライン英会話の特徴と、感想を書いて行きます!

まず表でまとめるとこのようになりました。

スクール名カラン認定校無料トライアル日数講師の印象(独断と偏見です)
ネイティブキャンプ7日間(日本人カウンセリング1回OK)10
QQEnglish2日間 +
日本人カウンセリング体験
9
イングリッシュベル2日間7
新お茶の間留学2日間 +
日本人カウンセリング体験
8

カラン認定校

ネイティブキャンプQQEnglish新お茶の間留学カランの正式提携校です。(2021年7月現在)

最新の情報を確認するには、カランメソッドのWebサイトで確認できます。

CALLAN: Find A Schoo

Select Country」の欄でJapanを選択すると、提携している学校が表示されます。

ちなみに、「新お茶の間留学」は「GEOS Online 」として表示されているようです。

「GEOSオンライン」が「新お茶の間留学」と統合しました。

無料トライアル日数

ネイティブキャンプ7日間という長さはとても良かったです。

システムの使い方にも慣れてきますし、何よりネイティブキャンプを使うとどのような生活になるのかが1週間を通してイメージしやすくなります。

講師の印象(独断と偏見です)

そもそも無料体験中の短い間(ほとんどの場合2日間)だけで、講師の質を見極めるのは無理があるので、今回私が受けた印象だけ書いていきたいと思います。

ネイティブキャンプ

7日間と長い日数にも関わらず、全ての先生が優しく楽しくレッスンができました。
(たまたま運が良かった可能性もありますが。)

QQEnglish

さすが認定校だけあって、2日間どちらの先生も優しく楽しくレッスンができました。
カランメソッドレッスンの経験が豊富なのか、安定感があったと思います。

イングリッシュベル

点数が比較的低くなってしまったのは、たまたま相性の悪い先生と当たってしまったらからかもしれません。

レッスンをカランメソッドから派生したスピークユアマインドという、自分の意見を言うことに重きを置いたレッスンにしたのも、要因かもしれません。

新お茶の間留学

カランメソッドは1回しか受けれず、しかもレベルチェックだったので、比較が難しいですが、先生は優しく滞りなくレベルチェックは進んでいきました。

レッスン2日目はNOVAのレベルチェックを受ける必要があるのですが、このレベルチェックの先生ザ・プロフェッショナルって感じで、とても良い雰囲気のレッスンだったので高めの評価になりました。

その先生はオーストラリアのネイティブ講師でしたが、

覚えてますか?昔のNOVAのCM。「よくできました👍よくできました👍」ってやつ。

なんか、そういう感じの、生徒をほめながらレッスンを進めるように経験を積んできたのかなー?と想像させるくらい褒めるのが上手でした。

ただネイティブ講師が担当するカランメソッドレッスンはありません

まとめ

スクールにはそれぞれ特徴があるので、今の自分の状況や目標に合わせて選んでいけると思いました。

料金の安さで選ぶなら「QQEnglish」。

レッスンの柔軟さコスパの良さで選ぶなら「ネイティブイングリッシュ」。

スピークユアマインドなどカランメソッドから派生した新しいレッスンを受けてみたいなら「イングリッシュベル」。

老舗のスクールで安心してレッスンを受けたいなら「新お茶の間留学」。

正直、ある程度レッスンを受けて満足できたら、退会するか休会して、別のオンライン英会話で始めるのもありかと思っています。

私はQQEnglishカランメソッドをある程度やって満足したら、

ネイティブキャンプに移って、今すぐレッスンで非ネイティブ講師と毎日話して、たまにネイティブ講師に発音のチェックをしてもらおうかな、と考え中です。(毎日は厳しいかな、、、?)

決まったらこちらのブログにまた書いて行きますね!