おうち時間

【ガジェット】iPad用NIMASOのガラス保護フィルムとELECOMの着脱タイプペーパーライクフィルムを比較

iPad用フィルムの画像

iPadのガラス保護フィルムやペーパーライクフィルム、、、種類多すぎて何かっていいかわからない、、、

ほんとに保護フィルムってたくさんありますよね、、、

YouTubeやネットで調べてところ、保護フィルムにはNIMASOのiPad用ガラスフィルム

ペーパーライクフィルムにはELECOMのiPad用着脱タイプペーパーライクフィルム

が良さそうだったので購入してみました。

大変満足なのでこちらでご紹介していきます!

この記事では、使ってみた感想そのフィルムを選んだ理由実際に使っている様子についてご説明しています。

実際に購入して現在絶賛利用中のomochiがご紹介します!

NIMASOのiPad用ガラスフィルムの感想

NIMASOのガラスフィルムはいろんなYouTube動画でおすすめされていて、

ホコリが入ったり失敗した場合に交換してくれる保証がついてるとのことだったので購入しました!

料金もAmazonで1,299円と他のガラスフィルムと比べると割安でした!

中身はこんな感じです。

ガイド枠がついてるのがかなり安心感がありますね。

NIMASOを選んだ理由のうちの一つがこのガイド枠です。

私はそこまで不器用ではないと思うのですが、プレッシャーにとにかく弱いので、ガイド枠はとても心強いです。

茶色い封筒の中にiPadのガラス面を拭くアルコールパッドマイクロファイバークロスホコリ除去シールが入っています。

空気が乾燥してるとホコリが付着する恐れがあるので、お風呂場など無風でホコリの少ない場所で貼るように取扱説明書に書かれていました。

手も清潔にしてくださいとのことなので、手を洗って、お風呂場で緊張しながら貼りました。

ガイド枠のおかげで位置はまあまあいい感じに貼れたのですが、ホコリが入ってしまいましたーー!!

念入りに拭いてホコリがないか確認もたくさんしたのになぜ入ってしまったのか、、、

悲しみにくれていましたが、YouTubeやネットで「NIMASOの貼り付けで失敗してカスタマーサポートに連絡しら交換してくれた」というコメントがあったので、試してみることにしました。

取扱説明書の保証範囲の欄にも『貼り付け時に見られる「気泡」、「浮き」、「埃の混入」、等々』と書かれてますので、ダメ元で写真付きで問い合わせしてみると、なんと新しいものを送付してくださるそうなのです!!!!!

→後日ちゃんと新しいものが届きました!!(日付を覚えてなくて申し訳ないですが1週間以内には届いたと思います😳)

NIMASO様ありがとうございます!!!

今度はちゃんと綺麗に貼ってみせます!!!

ガラスフィルムの状態にもよるかもしれませんが、NIMASOのガラスフィルムで貼り付けを失敗して落ち込んでる方がいらっしゃったら、一度お問い合わせしてみることを強くおすすめします!!!

取扱説明書にあるQRコードをスキャンすれば簡単にお問い合わせができます。


Nimaso iPad 10.2 フィルム (第8世代 2020 / 第7世代 2019) / iPad Air3 (2019) / iPad Pro 10.5 通用 ガラスフィルム 強化ガラス 液晶保護フィルム

なぜ着脱タイプのペーパーライクフィルムを選んだのか

iPadを購入するのと同時に絶対欲しかったのがペーパーライクフィルムでした。

iPadにフィルムを貼るだけで紙みたいな感触ってどんな感じなのかすごく気になったんです。

でも何を買えばいいのかYouTubeやネットで検索してもいまいちピンときませんでした。

なぜかというと、紙に書いている感触を重視すると指での操作がしずらくなるし、指での操作を重視すると紙の感触というのが薄くなるっぽいのです、、、

iPadに興味を持ち始めてから参考にさせて頂いているYouTubeチャンネル「平岡 雄太 / DRESS CODE.」さんで、ありがたいことにペーパーライクフィルムを徹底比較されてましたので、参考にさせて頂きました。

この動画を見て分かったことは、私はなぜペーパーライクフィルムがいいのか、ペーパーライクフィルムになると私にとって何が良いのかが、自分の中でハッキリしてないことが分かりました。

指での感触はガラスの方が好きな気がするし、でもApple Pencilを使って紙の感触で文字を書いてみたい、、、

そこで次に参考にさせて頂いたのは「YMK / iPadで生活を少し豊かに」さんの下記の動画です。

この動画で着脱式のペーパーライクフィルムの存在を知りました。

YMKのペーパーライクフィルムの方が描き心地は良さそうな感じでしたが、ペーパーライクフィルムの用途がまだあやふやな私には、簡単に付け外しができるELECOMの方が合ってそうでした。

ELECOMのiPad用着脱タイプペーパーライクフィルムの感想

実際に書いてみて分かったことは、自分でもびっくりしたのですが、

『私はiPad実際に文字を書いてる時に紙の感触を求めていない』

ということでした。

ほんとに自分でもびっくりですw

iPadを購入して、初めてメモアプリに文字を書いた時に思ったことは

『これこれー!このデジタルに文字を書いてる感覚面白い!好きかも!』だったのに対し、

ペーパーライクフィルムを通して文字を書いた時に思ったことは

『確かに紙っぽくなった。けど、もっとカツカツさせて書きたい。』

でしたw

いや、ほんとに自分でもびっくりしました。

あんなにペーパーライクフィルムを欲していたのにw

おそらく、ペーパーライクフィルムがいいか、ガラスフィルムがいいかは好みや用途によるのだと思います。

絵を描く方はペーパーライクフィルムの方が描きやすい、とかありそうですね。


エレコム ペーパーライク 保護フィルム 着脱式 【iPad 10.2 モデル対応】 反射防止 上質紙タイプ 収納ケース付き TB-A19RFLNSPL

NIMASOのiPad用ガラスフィルムとELECOMの着脱タイプペーパーライクフィルムを使っている様子

使っている様子の動画を撮ってみました!

音とか分かりにくいかもしれませんが、よかったら見てみてください♪

(編集は凝ってませんのでどうか期待なさらずに。ご参考程度に。)

まとめ

NIMASOガイド枠もついてるし、何よりも36ヶ月品質保証が付いているのでおすすめです!

ELECOM着脱タイプペーパーライクフィルムは、私のようにまだ用途が分からない方にぴったりかと思います。

今のところ私はガラスフィルムのままの方が好きですが、今後iPadを使っていく中でペーパーライクフィルムが活躍する時がくるかもしれませんので、まずは着脱タイプから始めて様子を見ていきたいと思います。

いかがだったでしょうか。

今回はiPad用のガラスフィルムとペーパーライクフィルムについてご紹介しました。

これからもiPad周りで何か気になったことがあったらこちらに書いていきたいと思っています♪

(さっそくノートアプリのGoodNotes5が気になってます。)