【英会話】Duolingo English Testの「練習テスト」を受けて予想スコアを知る方法

2021年10月5日- Duolingo English Test,② 英語の勉強Duolingo English Test

メガネとキーボードの画像
昔のomochi

Duolingo English Testの練習テストってどうやって受けるの?

この記事ではDuolingo English Testの「練習テスト」の始め方とその内容についてご説明しています。

実際にDuolingo English Testに登録し、練習テストを受けたomochiがお答えしていきます!

Duolingo English Testの「練習テスト」の始め方

① Duolingo English Testの公式サイトにアクセスする。

② ログインをクリック。

③ 登録したメールアドレスでログインする
  Googleアカウントで登録した方は「GOOGLEでログイン」をクリックしてログイン。

④ 「練習テスト」をクリック。

⑤ 「練習テスト」をクリック。

⑥ 次から「練習テスト」が始まります!

Duolingo English Test「練習テスト」の内容

実際に私が受けた「練習テスト」の内容をご紹介します!

語彙問題
単語の部分をクリックすると単語が発音されるので、その単語が実在すると思ったら✔️の部分をクリックします。
(間違ったと思ったら再度クリックすれば選択解除できます。)

リスニング
スピーカーマークをクリックすると音声が流れるので、聞こえたとおりに文章を入力します。
(全部で3回聞けます。聞きたい時はスピーカーマークをクリックします。)

穴埋め問題
抜けている文字を入力します。

語彙問題
実在すると思った単語を全てクリックします。
(間違ったと思ったら再度クリックすれば選択解除できます。)

ライティング
画像を説明する1文以上の英文を書きます。
(私は焦って1文しか書きませんでしたが、なるべく2文は書いた方がスコアが良くなるのではと思いました。)

スピーキング
文章を確認し、準備ができたら「録音開始」をクリックし、文章を読みます。

ここまでの問題はそれぞれ複数回出題されます。
この後からのライティングとスピーキングの問題は1問ずつでした。

ライティング
質問に対して50単語以上で自分の考えを書きます。
(50単語以上必要ですが、回答の下の方に現在の単語数が表示され50単語になるとオレンジ色になるるので、単語数はあまり気にせずにどんどん書き進めた方が良さそうです。オレンジ色になるとすぐ気づきます。)

スピーキング
質問について30秒間話します。

インタビューとライティングサンプル
ここからはスコアに影響しませんが、スコアを受け取った教育機関はこの返答を見ることができるので、大学の出願の際などはしっかり対策しておいた方が良さそうです。
スピーキングとライティングそれぞれトピックを選択し、返答していきます。

トピックを選択し、「スタート」をクリックすると録音が始まります。1〜3分間話していきます。

こちらもトピックを選択し、「スタート」をクリックします。
入力欄が出てくるので、3〜5分間記述していきます。
(私はテスト本番で、ここでなぜかスピーキングをしていて、、、途中で気づきましたが、とても焦ったのでお気をつけください、、、w)

ここまでで練習テスト完了!予想スコアが表示されます!

今回の予想スコアは100-120。
ネットで調べたところTOEICでいうところの690〜900くらいのようです。
(幅広いですが、ざっくりとした目安程度にはなるかと思います。)

まとめ

練習テストなので15分間しかありませんが、テストの雰囲気はばっちり掴めます。

この練習テストからしばらくして、本番のテストを受けましたが問題内容は同じものしか出てなかったと思います。

それぞれの問題数が増えているので本番のテストは50分ほどかかります。

それでも、他の英語試験での試験会場にいく行き帰りの時間と、現地での待ち時間を考えると、かなりの時間が削減できています。

本番のテストについてもこちらのブログに書いていきたいと思っています!

2021.7.19 本番テストの感想はこちらです⬇︎